ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタルNBL株式会社

ご利用のメリット

1. 資金を効率的に活用できます

機械設備を購入する場合、一時に多額の資金が必要となります。リースを利用することで、月々一定のリース料だけでこれらの設備を使用できます。また、契約時に定めたリース料は金融情勢に関わらず一定です。

2. 設備の陳腐化が避けられます

技術革新による陳腐化の早い機器などは、適切なリース期間を設定することで、たえず最新の機器に入れ替えていくことが可能です。

3. コストの把握が容易です

リースの場合コストは月々のリース料だけですので、製造部門では製造原価として、管理部門では事務コストとして、コスト管理が容易に行えます。

4. 経費で損金処理が可能です

リース料は経費として全額損金処理できます。 耐用年数に応じた適切なリース期間を設定すれば、実際の使用に応じた償却と同じ効果が得られます。

*
2008年4月1日より新リース会計基準が適用となり対象企業が限定されます。

5. 事務の合理化が図れます

減価償却計算、固定資産税などの納付、損害保険手続き等は日立キャピタルNBLが行ないますので、煩わしい事務手続きは一切不要です。

6. 公的助成制度が利用できます

リースで機械・設備の導入をされると、税務上の優遇措置や助成金など公的助成制度が利用できます。